>
>
環境問題

環境問題 呉乾物株式会社

今、私たちは環境の世紀の主人公として、その行動を問われています。

同時に高齢化社会、人口問題、それに伴う食料、水、エネルギー問題など、多くの克服すべき課題も抱えています。


設立以来、自然の恵みを受けて事業活動を行ってきた当社にとって、地球や自然に感謝の心を持って接することは企業姿勢の基本です。私たちの存在は豊かな自然環境なくしてはあり得ません。常に自然を愛し、守り続ける存在でありたいと考えております。
限りある地球資源を大切にした企業活動の継続をモットーに、この地球環境をより良い姿で、次世代にバトンタッチできるように、これからも努力を惜しみません。


当社は環境問題への取組みを社会的使命と認識し、環境と事業活動の調和を通して、ゆとりある社会の実現に取り組んで参ります。

環境問題 呉乾物株式会社

 

 

環境と事業活動の調和

私たちがおいしさを大切にし、得意先に満足していただける商品を安定供給できるのも、自然の恵みのおかげであり、こうした自然や環境を大切にし、持続可能な社会を実現していくことは、永続的に事業を推進していくために、もっとも重要なテーマであると考えています。


当社は、自然のいとなみを尊重し、環境に配慮したより良い社会の実現に貢献します。中でも地球環境の保全を最重要課題の一つと認識し、「環境と事業活動の調和」を目指して、以下の環境方針に基づき環境保全活動を推進してまいります。

環境問題 呉乾物株式会社

 

◆ 環 境 方 針

  1. 事業活動に係わる環境側面を認識し、環境汚染の予防を推進するとともに、環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
  2. 事業活動に係わる環境側面のうち、地域社会との共生とともに環境関連の法規制を遵守します。
  3. この環境方針を達成するために環境目的・目標を設定し、全従業員をあげて環境保全活動を推進します。
  4. 全社員に環境方針を周知するため、及び環境意識を高めるために定期的教育を行い意識向上を図ります。

 

 

 Fun to Shareへの取り組み

 

 私たちを取り巻く環境問題は、ますます深刻化しており、その対策に向けた企業の取り組みの広がりが期待されています。

日本は2005年の「京都議定書」によって、2008年から2012年の間に温室効果ガス排出量を1990年比で6%削減することが義務づけられ、「チーム・マイナス6%」として様々な対策を進めてきました。そして、2009年9月、当時の鳩山総理がニューヨークの国連気候変動サミットにおいて、日本の目標として2020年までに1990年比で温室効果ガス25%削減することを表明されました。

これを受けて政府は、地球と日本の環境を守り未来の子どもたちに引き継いでいくための行動を「チャレンジ25」と名付け、あらゆる政策を総動員して推進することになり、地球温暖化防止の国民運動「チーム・マイナス6%」を、25%削減目標を掲げる国民運動「チャレンジ25キャンペーン」へとシフト致しました。

その「チャレンジ25キャンペーン」も2014年3月26日をもって終了し、気候変動キャンペーン「Fun to Share」に新たに生まれ変わりました。引き続き当社ではFun to Shareに賛同し、低炭素社会づくりに向けた協力をして参ります。
「Fun to Share」とは、最新の知恵をみんなで楽しくシェアしながら、低炭素社会をつくっていこうよ!という合言葉。Fun to Share には、企業・団体として、個人として、それぞれの立場から参加することができます。

ひとり一人が出来ることから実践し、その力を結集することで、地球規模の運動へと発展させる。低炭素社会実現に向けた取組の意識が国民運動として、広がっていくことを期待し、取組み内容を自らの行動で実践していきます。当社のそんな思いが込められている『Fun to Share』で、環境宣言!
さあ、出来ることからはじめよう!

 

Fun to Shareで当社が
推進する7つのチャレンジ
宣言に対する当社の取り組み内容
平成17年度から夏場の冷房時の室温28℃でも快適に過ごすことのできるライフスタイルとして推進している「クールビズ(COOL BIZ)」。当社では、夏場のT・シャツデー、半袖ユニフォームなど、クールビズの導入で、冷房機器の温度を28℃の設定に努めます。
今年も例年同様5月1日から10月31日を「クールビズ」期間として推進致します。
過度な暖房に頼らず、衣食住を工夫して冬場の暖房時の室温が20℃でも快適に過ごすことができるライフスタイル「ウォームビズ」。当社では、コーチジャケットをユニフォームに取り入れ、冬場の暖房機器の温度を20℃の設定に努めます。
今年も例年同様11月1日から3月31日を「クールビズ」期間として推進致します。
地球温暖化を防ぐため、日々の「移動」を見直して「smart move(スマート・ムーブ)」な暮らしを応援します。通勤・通学・営業活動・出張など、「移動」に伴うCO2排出量は生活分野全体の3割を占めるといわれています。
ライフスタイルを見直してCO2削減に貢献いたします。
エコドライブを実践することで約10%の燃費が向上すると言われています。またエコドライブ活動を行うことによって、燃費向上と同時に交通事故が半減するとも言われています。
つまり、丁寧で気遣いのできる運転を通して社会から信頼を得ることができるエコドライバーを目指すことは、企業の品質につながります。
当社では、事務所内、店舗、看板照明などを省エネ性能に優れた電球形蛍光ランプやLED照明等、高効率な照明製品への切替えが終了いてしました。
節電・温暖化対策のための高効率照明普及キャンペーン「あかり未来計画」を実施しています。
「明るい時間に働いて暗くなったら帰る」を目標に、朝早くから働いて夜間の消費電力を削減しています。また夏冬の冷暖房機器に頼り過ぎない社内環境づくりに努力し、温暖化対策の広報・普及啓発に貢献していきます。
また、必要のないあかりをこまめに消したり、長時間部屋を空けるときは消すことを心がけたり、会社の取り組みとして節電に進めてまいります。
  環境に配慮した製品の優先購入、燃料に天然ガスを使用する車両を導入し、CO2排出量削減に貢献。それによるCO2削減量の数値を毎月算出しています。さらにバッテリー・フォークリフト、ハイブリット・トラックなど省エネ車両への切り替えを同時に進め、その効果の検証も行っています。
また、カーボン・オフセット商品や木材利用製品を選択し、環境への意識を高め、環境にやさしい街づくりを応援していきます。

>> 過去の取り組みチャレンジ25とは

>> 過去の取り組み”チーム・マイナス6%とは